Gelato con caffe

この曲も日曜日に合わせました。 ほぼ団の総意で選出された曲です。 なぜだかみんなこの曲が好きらしいです。 誰かが「昭和チックな曲」と言ってました。 うまく説明は出来ないのですが、私もなんとなくそんな気がします。

曲の冒頭の前奏的なフレーズの1~12小節目で、奇数小節と偶数小節で頭の音と2つ目の音にスタッカートの有無の違いがあります。 この違いを不思議に思った須藤さんが、以前、趣旨を真島さんに聞いた事があるそうです。 答えは「雰囲気」との事。 どう解釈していいのか??ですが、結局須藤さんの指示は「適当にやってくれ」でした。 なんとなく笑えました。